総合トップ > 取得サービス > SSL証明書 > 概要
概要

電子証明書とは

ハッシュアルゴリズム「SHA-1」証明書発行終了のお知らせ【重要】

ブラウザベンダー「Google Chrome」より、ハッシュアルゴリズムSHA-1対応のSSL証明書の有効期限が2016年6月を経過
するものについては、アドレスバーにて警告を表示する旨が発表されました。
それに伴い、2015年6月以降、弊社にて手続きを行うSSL証明書につきましては証明書ベンダーに関係なく新しい
ハッシュアルゴリズム「SHA-2」のSSL証明書にて対応いたします。

なお、サポートが終了しているサーバOS でSSL証明書を運用されている場合、OpenSSLのバージョンが「SHA-2」に対応
していない為、現環境のまま継続してSSL証明書を利用する事が出来ませんのでご注意願います。

  詳細はこちら ⇒ http://www.prox.ne.jp/news/news_20150218.html

登録機関 サービス 価格 取得資格 機能 携帯対応
おまかせ 法人 個人
事業主
個人 暗号化 実在
証明
Docomo au SoftBank
COMODO Essential 27,000円~
Instant 39,960円~
(DUNS)
マルチドメイン 59,400円~
マルチドメイン EV 135,000円~
(DUNS)
Wildcard 83,160円~
EV 91,800円
(DUNS)
CSP Pro 48,600円~
(TDB)
Premium 61,560円
(TDB)
Wildcard 97,200円~
(TDB)
GlobalSign クィック 54,000円
企業認証 81,000円
(TDB)
Cybertrust SureServer 82,080円
(TDB)
Symantec セキュア・サーバID 101,520円
(TDB)

※法人の存在確認の為に利用する企業情報データベース(条件により、書類提出不要)
TDB・・・帝国データバンク   TSR・・・東京商工リサーチ   DUNS・・・DUNSナンバー

※携帯電話の対応について
●・・・SSL対応機種には、ほぼ全機種対応 ●マークなしは一部のみ対応

SSLは「取得」も「設置」もすべてPROXにお任せください。

初心者の方も時間が取れない方も、ご安心ください。 CSR生成、証明書のインストール、サーバへの設置を全てPROXにて代行いたします。

(おまかせSSLサービス:COMODO,CSP SSL,GlobalSign,Cybertrust,Symantec

複数のサブドメインで暗号化通信をしたい。( COMODO or CSP:Wildcard)

1つの証明書で、複数のサブドメインでの利用が可能です。
対応するグローバルIPアドレスは1つでOKです。
例)www.sample.ne.jp , ww2.sample.ne.jp , secure.sample.ne.jp で利用したい。

COMODO , CSP SSL

複数のドメインで暗号化通信をしたい。(COMODO MDC SSL)

1つの証明書で、複数のコモンネームでの利用が可能です。対応するグローバルIPアドレスは1つでOKです。
例)www.sample.ne.jp、www.hogehoge.com、www.test.netで利用したい。

※各ドメインの所有者が別々でも適用することが出来ます。
※後からドメインを追加することが出来ます。

COMODO

携帯サイトに対応したSSLを利用したい。

SSL接続対応携帯電話(ntt docomo、softbank、au)に対応しています。

サイバートラスト SureServer , Symantecセキュア・サーバID

急なサイトの立ち上げで今すぐSSLが利用したい!

ドメイン認証のサーバ証明書なら即日発行が可能です。書類提出も不要なので、手続も簡単です。

COMODO , GlobalSign

暗号化通信ができるサーバであること、サイトの提供者が実在している(改ざんされていない、なりすましではない)ということを証明します。証明書を信頼のある第三者認証機関から発行してもらうことにより、来訪者へ安心感を提供することができます。

証明内容について 1

サイトの提供者の実在性を証明することにより、サイトに訪れる人に安心感を与えることができます。

ホームページの改ざんやインターネット詐欺などの心配をすることなく、安全なショッピングや企業間での取引を行うことができるサイトであると判断していただく為に、取得される方が多くいらっしゃいます。

例;

証明内容について 2

契約成立後、商品の売買記録や取引先の情報、購入者のカード情報など、データの盗聴があっては大変です。そこで、情報を暗号化してやり取りをすることにより、盗聴を防ぐことができます。これが、SSL(Secure Socket Layer)です。

SSLをサーバに設定することにより、暗号化通信を行うことができるようになります。暗号化通信が始まるとURLが「http://~ 」から「https://~ 」に変わります。

例;

暗号化通信について

暗号化通信について
  • 公開鍵を利用して暗号化したデータは、インターネット網を通って届き、秘密鍵によって復号化されます。
  • 公開鍵と秘密鍵は対になっているため、公開鍵で暗号化したデータは、対になっている秘密鍵以外では解読できません。
  • 128bitSSLで暗号化されたデータは、もし盗聴されたとしても、総当たり法での解錠・復号に数百年以上かかると言われ、40bitSSLと比較し、暗号としての強度が非常に高いといえます。
  • SSLを申請する際に使用する「Common Name」は、暗号化通信をするサイトのURLを元に申請します。

例)「http://www.prox.ne.jp/」でサイトを公開する場合
Common Nameは「 www.prox.ne.jp 」となります。

参考:国民のための情報セイキュリティサイト(総務省提供)
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/security/kiso/k01_ssl.htm

サイト実在性の証明

私たちが、インターネット上で必要な情報を検索し、取引したいと思った企業やお店を見つけたとします。「どのような会社なのだろうか」「所在地は?」などの情報を得たい場合、 会社概要などのページを確認します。「その会社は本当に存在しているのだろうか?」その実在性を確かめる手段としてサイト証明書は存在しています。

会社に訪問したり、 直接担当者と会って話をしたり、書類を取り交わしたり、という形で行われていた取引がインターネットを介した場合、顔を合わせることなく取引きを行う場合もあります。サイト実在性の証明は、実在する会社として信用を得る為の手段とお考え下さい。

では、誰に証明してもらっても良いのでしょうか。
サイト証明書の発行は誰でも行うことは可能ですが、信用のある第三者認証機関から 証明してもらうことにより、サイトを訪れた方に安心感を与えることができます。

「コモドジャパン」は、 英国のセキュリティプロダクツ最大手「COMODOグループ」の日本法人です。COMODOは、ヨーロッパ最大手の第三者認証機関として、1500万以上のサイトの認証を行っています。 コモドジャパン
「CSP SSL」は、セントラル警備保障の提供するSSLです。企業の存在証明をCSPが行い、サーバ証明書はComodoグループの証明書を使用することで、低価格で信頼性のある証明書となっています。 CSP SSL
「グローバルサイン」は、ヨーロッパのサーバ証明書市場(SSL認証)において高いシェアを誇り、10万枚以上のSSLサーバ証明書発行実績を持つ「グローバルサイン社」のサーバ証明書とウェブサイト企業実在証明です。 グローバルサイン
「Symantec」は、 サーバ証明書市場(SSL認証)において、世界トップシェアを誇る第三者認証機関です。大手金融機関をはじめ、中央省庁や地方自治体など、より強固なセキュリティを必要とするウェブサイトで多く採用されています。ルート証明書は、携帯電話やネットワーク対応ゲーム機など情報家電向けインターネットブラウザにもバンドルされています。※旧Verisign VeriSign_logo_large2.gif
「Cybertrust」は、大手ポータルサイト、ネット証券会社などの金融機関、官公庁や学校法人などで採用されており、iPhone、Androidなどのスマートフォンをはじめ、三大キャリアの携帯電話に99.7%対応しています。さらには、地上デジタル放送やゲーム機器などのその他デバイスにも幅広く対応しており、業界トップレベルのカバレッジでSSLサーバ証明書をご利用いただけます。 Cybertrust