E-server » サーバ設定 » メール

ID #1224

あるネットワークからのメールを許否したいのですが

あるドメインやIPアドレスからのメールを全て拒否する場合には、
Sendmail の機能としまして、スパム制御 がございますので、
こちらを webmin を使用しまして、設定することで、対応が
可能となります。


但し、From を偽装したメールでは、上記を使用しましてもメールが
配送されてしまうことがございます。

原因としましては、メールシステムでは From には 2つあり、
エンベーローブ From と、ヘッダ From: がございます。

エンベローブ From は、メールのプロパティにて最上位に Return-Path:
として記録され、こちらはメールサーバ間での通信時に使用される送信者
情報であり、メールシステム上での送信元となります。

ヘッダ From: は、プロパティ中に From: により表示されるヘッダ領域の
データとなり、送信者にて任意に設定が可能となっております。

そのため、メールのヘッダを参照いたしますと、From が2つ混在した
状態となります。


「SPAM制御」では、エンベローブ From ( Return-Path: ) による送信者
での制御のみ可能となっており、こちらに記載されていないアドレスに
つきましては、SPAM制御にて制限されずにそのまま配送されてしまいます。

エンベローブ From に記載されている メールアドレス または、メールログに
記録される送信者の情報をご登録しまして、ご対応いただけますでしょうか。

お客様 webmin に接続、ログインしまして、
[ サーバ ] → [ Sendmail の設定 ] → [ スパム制御 ] と進み、
下記情報にて [ 作成 ] をクリックいたします。

メールのソース : タブより ネットワーク を選び、テキスト欄に
          接続元のIPアドレス 210.143.96.70 を記載いたします。
Match against  : タブより Connection information を選択いたします。
アクション   : ● 拒否 にチェックをいたします。


例 弊社からの tech@ixent.ne.jp からのメールを拒否する場合

お客様 webmin に接続、ログインしまして、
[ サーバ ] → [ Sendmail の設定 ] → [ スパム制御 ] と進み、
下記情報にて [ 作成 ] をクリックいたします。

メールのソース : タブより E メール アドレス を選び、テキスト欄に
          メールアドレス tech@ixent.ne.jp を記載いたします。
Match against  : タブより From: address を選択いたします。
アクション   : ● 拒否 にチェックをいたします。

最終更新: 2007-01-05 17:51
作成者: IXENT テクニカルサポート
改定: 1.0

このレコードを印刷する このレコードを印刷する
PDF ファイルで表示する PDF ファイルで表示する

このエントリを評価してください:

評価点数: 2.03 - 5 (75 個の投票 )

まったく役に立たない 1 2 3 4 5 とても役に立った

このエントリにコメントできません。