E-server » サーバ設定 » バーチャルサーバ

ID #1229

バーチャルドメインにメールアドレスはどうやって設定しますか?

下記は、マスタドメインを prox.ne.jp とし、バーチャルドメインを
ixent.ne.jp としての説明となります。
両ドメインは、お客様環境に置換えご利用ください。


バーチャルドメインを使用したメールにつきましても、ユーザの作成 を
実施いただくことで、メール送受信も可能となります。
但し、Linux システムでは、同名となる複数のアカウントを作成することは
出来ないため、すでにマスタドメイン [ prox.ne.jp ] にて
アカウント info をご利用されている場合には、
その他バーチャルドメイン( ixent.ne.jp )でもユーザ info は
そのままご利用可能となります。

ドメイン毎にメールの内容などを分ける場合には、どちらかの
メールアドレスに配送されてきたメールを別のユーザへと
マッピングすることで、対応は可能でございます。

マッピングの設定方法につきましては、下記URL E-server 会員専用ページ
にてご案内しておりますので、こちらをご参照いただけますでしょうか。

<< E-server 会員専用ページ >>

http://www.ixent.ne.jp/e-server/members/
ユーザ名  : ES番号
パスワード : ログインパスワード

サーバ運用 HOWTO → □ サーバ運用 →
・Webminでバーチャルドメインのメール設定(2)

なお、 ・Webminでバーチャルドメインのメール設定(3) につきましては、
お客様メーラ側の設定となりますので、上記設定が完了いたしましたら、
メーラにはこちらをご参照ください。

例えば、info@prox.ne.jp というメールアドレスをマスタドメインにて
ご使用されている際では、info@ixent.ne.jp というメールアドレスは
サーバ側での判断としましては、すでに作成済みとなります。

1アカウントに対して、メールボックスは1つしか作成出来ないため、
info というユーザを作成した時点で、サーバ内に存在する
ドメイン全てにおきまして、info@**** というメールアドレスが
ご利用可能となります。

マッピング作業では、info@prox.ne.jp というメールアドレスは、
ユーザ info にて利用可能となり、info@ixent.ne.jp
メールアドレスは、ユーザ info_ixent_ne_jp
というアカウントにてご利用可能になるような設定となります。

送信者は、info@ixent.ne.jp 宛へと送信いたしますと、サーバ内部にて
info_ixent_ne_jp@ixent.ne.jp というメールアドレスに変換して
受信いたしますので、メール受信の際には、ユーザ ID を
info_ixent_ne_jp にしまして、受信をお試しください。

上記のようなマッピングを実施した場合にバーチャルドメインにて
メールを受取る場合には、・Webminでバーチャルドメインのメール設定(3)
のようにメーラを変更しまして、ご対応いただけますでしょうか。

最終更新: 2007-01-11 19:59
作成者: IXENT テクニカルサポート
改定: 1.0

このレコードを印刷する このレコードを印刷する
PDF ファイルで表示する PDF ファイルで表示する

このエントリを評価してください:

評価点数: 1.97 - 5 (76 個の投票 )

まったく役に立たない 1 2 3 4 5 とても役に立った

このエントリにコメントできません。